htmlをiPhoneに対応させる

・縦:portlaitモード(320px)約1/3
・横:landscapeモード(480px)約1/2

(1)metaタグにviewportを使う

<meta name=”viewport” content=”[プロパティ]=[値](, [プロパティ]=[値])”>

initial-scale 倍率の初期値 乗数で指定(例:120%の場合は1.2)
minimum-scale 倍率の最小値 乗数で指定
maximum-scale 倍率の最大値 乗数で指定
user-scalable 拡大縮小の可否 (ye/no)

<meta name=“viewport” content=”width=device-width” />

デバイスにあわせる(スクロール分の余白ができてしまう)

<meta name=”viewport” content=”width=320; initial-scale=1.0; minimum-scale=1.0; maximum-scale=2.0;” />

iPhone用

<meta name=”viewport” content=”width=320; minimum-scale=1.0; maximum-scale=2.0;” />

ベスト

<meta name=”viewport” width=”480, user-scalable=no, maximum-scale=0.6667 />

作りこんだ通りのサイズで、そのまま表示させたい場合

WordPressでトップページ・固定ページに最新記事リスト表示 

wordpress固定ページに最新記事リストを表示する場合、投稿欄でPHPを書き込むことが出来ないのが問題点である。
そこでwordpressプラグインを導入し、投稿(固定ページ編集画面)でPHPを書きこめるようにする。
【プラグイン】
こちらを導入する事で、wordpress固定ページ編集画面にPHPソースを書き込むことが出来るようになる。
以下のソースをwordpress固定ページの編集画面の表示させたい部分に挿入。
<ul>
  <?php query_posts('posts_per_page=5'); ?>
  <?php if ( have_posts() ) : while ( have_posts() ) : the_post(); ?>
  <li>
  <span class="date">
  <?php the_time('Y年n月j日'); ?>
  <?php
    $days=30;
    $today=date('U'); $entry=get_the_time('U');
    $diff1=date('U',($today - $entry))/86400;
    if ($days > $diff1) {
  echo '<img src="images/new.gif" alt="New" />';
  }
  ?>
  </span>
    <a href="<?php the_permalink(); ?>"><?php the_title();?></a>
  </li>
  <?php endwhile; endif; ?>
  <?php wp_reset_query(); ?>
</ul>